So-net無料ブログ作成

鴻海(ホンハイ)シャープ買収で決まるのか? [経済]

経営不振に陥り資本金1億円にすることにより
外形標準課税を逃れることまで考え、
結局は5億円まで減資したシャープですが、
鴻海(ホンハイ)の買収案をのむか、
産業革新機構の支援を受けるかで揺れているようです。


鴻海(ホンハイ)の支援総額は7000億円、
産業革新機構の支援は3000億円ですから
シャープの経営幹部としては
鴻海(ホンハイ)の条件の方が圧倒的に再生可能性ある支援と判断し、
すぐにホンハイの支援を決定してもいいようなもの。


しかし、日本政府の意向である液晶技術の海外流出を懸念して
シャープは迷っているようです。


ホンハイ支援は金額もさることながら経営陣の続投、
シャープブランドの温存など圧倒的に産業革新機構の条件を上回ります。


ここまでしてホンハイがシャープを欲しがる理由は何か?


興味がありますが、既存事業の限界説がささやかれているようです。


中国の低い人件費を武器に
大手メーカーから定額受注し事業を拡大してきましたが、
中国国内の人件費高騰により、
今までのビジネスモデルの将来性に?がついているようです。


また、下請け業ではなく、エンドユーザーが直接手に触れる製品を作る
メーカーへのあこがれもあるようです。


パナソニックはじめ、白物家電のリストラにより
高度技術が外国へ流出したことによる
大手家電メーカーの衰退の記憶が新しい今では、
技術流出は避けてほしいことは否めません。


同じく業績不振で大きなリストラに迫られた
東芝との業務提携、合併等で起死回生の大逆転など、
各メーカーの強みを活かした経営で
景気回復、雇用の確保を図ってほしいものです。





スポンサーリンク



[楽天市場]




共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。