So-net無料ブログ作成
検索選択
グルメ ブログトップ

神戸牛の美味しさの秘密 [グルメ]

神戸牛とは、兵庫県で生産された但馬牛からとられる枝肉が
一定の基準を満たした場合に使うことのできる牛肉のブランド名です。


日本三大和牛のひとつとされており、
証として兵庫県の花である「のじぎく」を象った刻印が押されています。


神戸港が1868年に開港され外国人が入ってくるようになりましたが、
その頃の日本に食肉文化が定着していなかったのですが、
農家の作業用として飼育されていた但馬牛を食べたイギリス人が
その美味しさを絶賛したことが始まりだとされています。


現在では、日本だけではなく外国でも知名度が高い牛肉です。


但馬牛はその肉質の良さから、近江牛や神戸牛などの素牛となっているほか、
さまざまなブランド牛の素牛に使用されています。


味の特徴として、肉質が細かく柔らかい美しい細やかな霜降りであることが特徴です。


脂肪の質も良く融点が低いため、指で触って体温だけでとろけるくらいの繊細で
細やかなため食べたときには脂っこさを感じにくいとされています。


赤みと脂の混じり具合であるさしの入り方や舌触り、
味もほかの牛肉とは違うものとなっています。


良質な野草を充分に食べ、
伸びやかな環境でしっかり運動させることによって腰を作り、
その子牛を六甲山系の土地で2〜3年間かけて熟練された
肥育農家の技術によって神戸牛を作っていきます。


この土地は水や気候、良質な飼料に恵まれており、
ここで飼育された肉牛はきめの細かい脂が入って味の良い肉に仕上がります。

共通テーマ:グルメ・料理
グルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。